新型コロナウイルス対策や入館者制限に関する対応まとめ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、工学院大学図書館は以下の体制で各種サービスの提供をいたします。
最新の情報は随時、工学院大学図書館HP、工学院大学学生ポータル(KU-PORT)、工学院大学教職員ポータル(garoon)でお知らせいたします。




◆対象の施設
新宿図書館、八王子図書館


◆開館に関する情報(2022/4/1更新)
・開館日時
平時の開館に戻ります。詳しい開館日時は「開館カレンダー」でご確認ください。

来館利用の対象者
現在入館できるのは「本学の学生・教職員」のみです。
感染症拡大防止のため、ご理解・ご協力をお願いいたします。
※右記の方々は現在図書館へ入館できません:卒業生、学外者

・来館利用時の注意事項(マスク着用等)
図書館からのお知らせをご確認ください


◆郵送貸出について(2022/4/1更新)

2022年度も郵送貸し出しサービスを継続します。詳細は【2021年度】郵送貸出サービスのご案内をご覧ください。
ご利用の際は、以下の点にご注意ください。

(1) 貸出期間は、通常の利用条件と同じになります
  (学部1~3年生:2週間/学部4年生と大学院生:1か月間)
(2) 郵送貸出の利用冊数は図書館で直接借りた資料と併せて、通常の貸出冊数の上限までです
  (学部1~4年生:7冊/大学院生:10冊)
(3)登校時に図書館、またはブックポストにご返却ください
    ※登校して返却することが難しい場合は、図書館までご相談ください
(4)資料の未返却・延滞による罰則期間(貸出利用のできない期間)中の方にはご利用いただけません


※現在の郵送貸出サービス利用対象者
本学学部生、大学院生

※図書の発送について
2冊申込みをされた場合、1冊ずつ、別々に届くことがあります(届く日にちも異なります)。
これは、図書が3カ所に分かれて収蔵されており、それぞれの場所で発送作業を行っているためです。
何らかの理由で申込みした図書が貸出できない場合には、図書館よりメールでご連絡します。
「図書館からのメールも来ず、2冊申し込んだのに1冊しか届かなかった」という場合には、近日中に別の図書も届きますので、しばらくお待ちください。


◆ILL(学外文献複写や現物の取り寄せ)について(2022/4/1更新)

・学外文献複写の郵送サービスを、2022年度も継続します。
 自宅で複写物の申し込み・受け取りが可能ですので、ぜひご活用ください。
 詳細はこちらをご確認ください。

・現物貸借については、引き続き来館者のみへの対応となります。
 利用できる方は、その時点で入構が許可されている学生・教職員のみとなり、
 資料の受け取り時には図書館内のカウンターまでお越しいただく必要があります。


以上、皆さまにはご不便・ご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ありません。
どうかご理解・ご協力の程、よろしくお願いいたします。



 

自宅で使える! 便利な電子資料のご案内

◆工学院大学が契約している電子資料
学外からアクセスできる電子資料をまとめました。学習や研究にご活用ください。


◆新型コロナウイルスに関する特設サイト
出版社,資料名
 利用可能期間
内容
 総務省e-Gov「COVID-19データポータルJAPAN」 終了時期未定 研究に役立つ新型コロナウイルスのデータやサービスを集約しています。アクセスはこちら
 総務省e-Gov「データからわかる―新型コロナウイルス感染症情報-」 終了時期未定 新型コロナウイルスの感染者数、重傷者数の累積や推移、集団感染の発生状況や年代別・性別の感染者数等のデータが確認できます。アクセスはこちら
 EBSCO 終了時期未定 特設サイトにて感染者数の統計情報や対策情報を公開しています。アクセスはこちら
 Springer Nature 終了時期未定 特設サイトにて各種情報・論文が公開されています。アクセスはこちら
 Wiley 終了時期未定 特設サイトにて各種情報・論文が公開されています。アクセスはこちら
 CAS 終了時期未定 特設サイトにて抗ウイルス化合候補物のデータや情報が公開されています。アクセスはこちら
 Clarivate Analytics 終了時期未定 特設サイトにて各種情報・論文が公開されています。アクセスはこちら
 日本建築学会 終了時期未定 感染拡大防止のために屋内で可能な換気方法等、日本建築学会の会員や委員会の、COVID-19に関する建築の観点からの対策等をまとめたリンク集を公開しています。アクセスはこちら


 
17161